読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

9月から本格的な有料サービスが始まったアップルの定額制音楽配信サービス

9月から本格的な有料サービスが始まったアップルの定額制音楽配信サービス「Apple Music」。膨大な数の音楽が月額980円を支払うだけでiPhoneやPCで好きな時に聴ける便利なサービスには、新しい音楽の体験として、また新たな音楽ビジネスの収入源として、業界やメディアそしてユーザーから注目を集めています。 エルメス6Plusケース 6月30日に始まったApple Musicはユーザー数は公表されていませんが、アップルはこれまで培ってきたiTunesビジネスを進化させるべく、24時間ラジオ「Beats 1」やアーティスト向けのソーシャル機能「Connect」など新しい取り組みを展開して、新たなユーザー獲得を目指しています。 ただ当然アップルという企業文化のため、彼らがどんな戦略を立てて実行しているのか、多くの部分は発表されるまでユーザーやメディアには届くことはありません。 アイフォン7シャネルですので、今回はこれからApple Musicがどんな領域を狙っていくのか、予想してみた上で、今後のApple Musicの方向性と定額制音楽配信ビジネスの関係を考えてみたいと思います。 まず、Apple Musicの未来を探る上で、興味深い求人がアップルのサイトに現在掲載されています。 Michael Kors iPhone6 plusカバー 激安それらは、「編集長」、「オリジナル・コンテンツ戦略およびライブ・プロジェクト」担当者、そして「オリジナル・コンテンツ専門ビデオ・プロデューサー」です。 1. 編集長 画像 アップルも一般的に募集しているのはエンジニアやデザイナー職または販売や流通に精通した専門家です。 iphone6sケースまず「編集長」職の概要には Apple Music、iTunesApp Storeマーケティング用コピーライティングおよびポップカルチャーに関する執筆を行うライター陣を統括する経験あるリーダー職 とあり、音楽サービスに関連する職種だということが分かります。 さらに募集職の内容を読むと、 「編集長となる人材は、メディアに適したスペシャリスト、ポップカルチャー専門ジャーナリストなど、音楽やアプリ、映画、本に熱中しストアを横断的にまたぎ記述的なコピーを書くチームを統括」するとも記されています。 Ray-Ban アップルが音楽などコンテンツの届ける手法として、スペシャリストやジャーナリストなど生の言葉で表現できる人材を起用し、さらにそれらをまとめる立場に編集経験のある人間を置こうとしているのは面白い考えかもしれません。特にApple Musicは、音楽をキュレーションする専門家、いわゆる「プレイリスター」達の編集力をサービスのコアとして打ち出すほど、人のチカラという編集哲学を重要視しています。 iPhone7ケース Apple Music発表によって、アップル社内のコンテンツ配信のアプローチに「編集者」視点が求められるようになったと言えます。「編集長」を求めるアップルは今後、Apple Musicのキュレーターやジャーナリストを統括するだけでなく、アップルのコンテンツ・ビジネス全体において編集機能を重視する組織にシフトことで、iTunesストアや各種サービスがメディアのような情報発信を行う場に変化する可能性も考えられます。 エルメス iphone7ケースつまりApple MusicやiTunesApp Storeがコンテンツやアプリを提供すると同時に、独自情報も配信する一次メディアになることで、プラットフォームとパブリッシャーの機能を兼ね備える組織へ進化する時代が来るかもしれません。 2. オリジナル・コンテンツ戦略およびライブ・プロジェクト担当者 画像メーカーズムーブメント(Makers Movement)という言葉をご存じだろうか。 iPhone7ケース ブランド米国ではある種のブームである。作り手が従来のような工場や企業から、大学やモノづくり愛好者など「アマチュア的なプロ」へと広がってきているという状況を表す言葉である。 アイフォン7シャネル誰でもメーカーになれる、という時代に来ていることを意味する。ここ1~2年、3Dプリンターの浸透や、3D CADの使い勝手の向上(参考資料1)、マイコンの普及など、何百万円、何千万円もの大金をかけなくても、モノづくりができるという環境が整ってきた。 アイフォン7シャネル 1週間前に、電子・機構部品商社のマウザーエレクトロニクス(Mouser Electronics)の人たちにディナーをごちそうになり、最近の動向の情報交換をしているうちに、意外なことを耳にした。理工系大学生や大学院生が行きたい就職先は、モノづくり企業ではなく金融やサービス業であることがこれまでの常識だった。 アイフォン6シャネルもはや誰もメーカーに喜んで行かない、とさえ言われた。ところが、金融やサービスから再びモノづくりに行く学生・院生が増えてきたというのである。 携帯iphone7ケース 米国のモノづくりは1980年代からずっとアジアを中心にやってきた。少し前までアジアから中国へとシフトしてきた。 iPhone 6ケースしかし、再び米国へ戻ってきた。アジアや中国の賃金が高くなりすぎ、しかもロボット化が進み、人件費比率の高いモノづくりが姿を変えてきたことが大きい。 iphone6sケース製品原価に占める人件費比率の高い業種や製品が次第に変わってきたのである。こうなると無理してアジアに行くまでもない。 ルイヴィトンiphone7ケース米国内でモノづくりを進めればよい。こういった状況が続いてきている中、さらにメーカーズムーブメントの動きも活発になってきた。 シャネルiphone7ケース 起業しやすい環境にある米国の産業で、ファブレスのモノづくりが盛んだが、ファブレスでさえも、実際に実験室でモノを作ってみなくてはEMS(エレクトロニクス関係の製造専門の請負業者:例えばアップルのiPhoneは、台湾を本社とする鴻海精密工業の中国工場で大量生産している)に頼むことはできない。全く新しいコンセプトの製品を生み出す場合には、試作品を作って検証してみることはファブレスといえども常識である。 エルメスiphone6ケース まず試作して意図するとおりに実際に動くかどうかを確認する作業が必要である。企業に属さない者が実際にモノを作り、それを実証して見せる。 Michael Kors iPhone6 plusカバー 激安だからこそ、ベンチャーキャピタルが資金を提供してくれる。絵に描いた餅では、調査費用程度の金額しか提供してもらえない。 iPhone7シャネル 今年の夏に参加したナショナルインスツルメンツ社の一大イベント、NIWeek2015でも、今回のマウザーの話でも誰でもメーカーになれる、Makers Movementという動きがはっきり見えるようになってきた。マウザーは電子部品を誰もが注文できる部品のディストリビュータである。 シャネルiphone6ケースだからこそ、新しいメーカーズムーブメント市場への手ごたえを感じているという訳だ。